上肢機能障害とは

交通事故に遭うと、色んな体の部分に痛みが生じてしまいます。軽いものもありますし、入院しなければならないほどの大けがも時にはあると思います。交通事故によって生じる後遺障害というものがあるのですが、これには等級があります。

障害の内容によって等級は細かく分かれているのですが、その中でも、上肢機能障害を負ってしまった場合についての紹介をします。上肢機能障害というのは、肩、手首、肘、手指などの間接が思うように動かない、習慣性脱臼、動揺関節といったような、関節機能に伴う損傷のことを言います。

肩の骨折によって、じん帯など軟部組織、神経系などを損傷してしまうことにより、しびれやマヒなどが起こり、上肢機能障害が発生すると言われているのです。加害者と交渉する際には、治療中の段階であっても診断書を担当医に作成してもらうケースがあります。

後遺障害と分かるまでの期間ですが、事故が起こってから半年から2年くらいの時間がかかります。認定されるまでには時間がかかりますし、治療の経過によっては障害が進むことも考えられるのです。慰謝料については、どうしても専門的な知識が必要になってきますから、出来るならば弁護士に依頼するといった対策を取ることが大事となります。

認定される条件とは